不動産賃貸の契約時にかかる費用

今回は賃貸物件を、借りる場合にかかる費用についてお話します。

アパート、マンション、借家などいろいろありますが、必ずこのような諸費用がかかります。 

  • 敷金・・・退出時の現状回復費用(通常0~2ヶ月)
  • 礼金・・・大家様にお渡しするお金(通常0~2ヶ月)
  • 仲介手数料・・・不動産会社に支払う手数料です。(通常お家賃の1ヶ月分)
  • 前家賃・・・これから入居するお部屋のお家賃を前払いで支払います。
  • 保険料・・・損害保険料。お客様の大切な家具や電化製品等の家財道具の盗難等が発生した場合に保証してくれますが、金額やサービスは損害保険会社によって違います。

この中でもわかりやすい礼金からご説明いたします。

礼金は大家さんに渡す返してもらえないお金です。

そんなの知ってるよと聞こえてきそうです。(゚д゚lll)

ここからが、少しだけ為になるお話です。

礼金という言葉は、関東方面で使われている言葉です。ご存知でしたか?

ちなみに関西方面ではなんというか?礼金に相当するもので、敷引といいます。

なんか似てる言葉ありましたよ、諸費用の中に敷金がありますよね。

同じような文字ですが、敷金と敷引は似て非なるものです。

関西方面では、敷引は礼金という意味なのです。

 

不動産屋で説明はあると思いますが、

大学などで関西方面に行かれる方は、勘違いされないように気お付けてくださいね。

IMG_0322